コピー機・複合機 > ACNのコピー機ブログ > 京セラコピー機について > 京セラTASKalfa6052シリーズの特長①

京セラTASKalfa6052シリーズの特長①

main京セラTASKalfa6052シリーズの特長をご紹介。第一回は「ユーザビリティ」。使いやすさと便利さをとことん追求しています。

【使う人の身長に合わせて角度調節できるタッチパネル。】
操作タッチパネルは9インチ。ボタンを最小限に抑え、すっきりとしたフォルムになりました。また、90度から15度までの角度調整が自由に行えるので使用する人の環境に合わせて簡単に変更が可能です。FAX送信が多い方はテンキーオプションの装着も可能です。

【力を加えず閉められる半自動引き込みカセット搭載。】
京セラ製品初の半自動引き込みカセット設計。今までよりも少ない力で開閉が可能で、閉める際の音の軽減を実現しました。

【交換トナーが一目で分かりトナーの無駄をなくす。】
トナー交換の際、どのトナーを変えればよいかが一目でわかるトナーコンテナ交換ロック機能を搭載しました。

【胴内トレーのスペースを拡大】
従来機に比べて、胴内スペースを拡張。視認性が改善され、出力物が取りやすくなるだけではなく、排紙容量も250枚から500枚に大幅アップ。大量に印刷を行う場合でもこまめに用紙を取りに行く手間が軽減されます。

コピー機・複合機の買い替えを検討中の方はACNへご相談ください。
お客様に合った最適なプランをご提案いたします!

コピー・複合機のお問い合わせはこちらから>>

記事の一覧に戻る

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る