コピー機・複合機 > ACNのコピー機ブログ > 京セラコピー機について > 京セラTASKalfa6052シリーズの特長③

京セラTASKalfa6052シリーズの特長③

5eebd882131f85567f689f7861836c92_t

京セラTASKalfa6052シリーズの特長をご紹介。第三回は「セキュリティーとリスク回避」。
オフィスの大切な情報を守るためにまずは複合機のセキュリティ対策から。

【USB禁止設定でセキュリティー対策】
セキュリティー上の問題からUSBの使用を禁止にされている場合があります。京セラの複合機はUSBの使用禁止を設定することが可能です。

【FAX送信の宛先ミスを防止する同報送信禁止機能】
ついつい起こる人的ミスを防止することができます。
FAX送誤送信してしまわないように、同報送信禁止機能設定が可能です。

【ICカード認証印刷で無駄な印刷や情報漏えいを防止する】
ドキュメントを出力する際に認証を行うことで、出力物の放置、混在、覗き見や盗難による情報漏えいを防止します。

【データ暗号化によりセキュリティーを強化】
HDDやスキャン、コピー、出力データの自動上書きの消去が可能。データの暗号化で、不正なアクセス防止します。※オプション

コピー機・複合機の買い替えを検討中の方はACNへご相談ください。
お客様に合った最適なプランをご提案いたします!

コピー・複合機のお問い合わせはこちらから>>

記事の一覧に戻る

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る