コピー機・複合機 > ACNのコピー機ブログ > 京セラコピー機について > 京セラTASKalfa6053シリーズ< スキャン >

京セラTASKalfa6053シリーズ< スキャン >

京セラの最新機種「TASKalfa 6053ciシリーズ」のスキャン機能についてご紹介!

n_scan10
経費を削減し、業務を拡大する。
選べるスキャン方法でもっと便利な働き方をご提案します。

フルカラー・モノクロ片面120ページ/分、両面220ページ/分の高速スキャン

原稿送り装置DP-7130は、両面原稿を同時に読み込み可能。フルカラー・モノクロともに、1分間220ページの超快速スピードでスキャンします。

フルページスキャン

原稿の枠消しを0mmに設定可能。原稿の端いっぱいまでの領域を読み取ることができます。

ファイル分割、一括スキャン

原稿送り装置からまとめて読み込んだスキャンデータを1枚ずつのファイルに分割したり、逆に、ガラス面から1枚ずつスキャンしたデータを1つのファイルにまとめることもできます。

見開き原稿スキャン

本などを開いてスキャンした際、左右1ページずつ認識してページを分割することができます。

PDF暗号化

パスワード設定や暗号化により、スキャンされた文書を安全に保護することができます。表示・印刷・編集など、操作別に制限をかけられます。

さまざまなネットワーク環境やワークスタイルに応じてスキャン

スキャン to E-mail
アドレス帳にメールアドレスを登録しておけば、ワンタッチでスキャンデータをメールの添付ファイルとして送信できます。複合機からメールの件名や本文の入力編集もできます。

スキャン to クラウド
アプリを使えば、複合機からEvernote、Google Drive、Boxなどのクラウドサービスへ、スキャンデータを直接アップロードできます。また、クラウド上のデータを複合機パネルから探して印刷することもできます。
※オプション(KYOCERA Cloud Connect、Box Connect)

スキャン to USB
USBメモリーを複合機に接続し、直接スキャンできます。サブフォルダーのような多階層のフォルダーにもデータ保存可能です。

スキャン to フォルダー
ネットワーク上の指定PCフォルダーにスキャン文書を保存できます。ネットワークHDD(NAS)やサーバーなどの共有フォルダーにも保存可能。社内でスキャンデータを共有・閲覧できます。

スキャン to ユーザーボックス
複合機内のユーザーボックスにスキャンデータを保存。データはWebブラウザー経由でPCなどからダウンロードできます。

スキャン to URL
ユーザーボックスに保存した容量の大きなファイルを社内共有したい場合、メールでファイルのダウンロードURLを送ることができます。スキャンデータのサイズを気にせず情報共有できます。

コピー・複合機のお問い合わせはこちらから>>

記事の一覧に戻る

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る