コピー機・複合機 > ACNのコピー機ブログ > コピー機のトラブル > 複合機は結露に注意してください。

複合機は結露に注意してください。

5f190b2e0242bdbe35fa84af037c7fc7_t「複合機がエラーで表示で使えない」「印刷したのにキレイに表示されない」「途中で止まる」など冬になるとトラブルが増えてしまします。その原因のほとんどが結露です。忙し朝などにトラブルになると困りますよね。今回はその対応方法についてご紹介します。

結露って何?

結露は空気中で許容しきれなかった水分が水滴になったものです。空気中には何%か水分が含まれていますが、湿度を100%を超えると結露が発生します。それではなぜ冬になると結露が発生するのでしょうか?それは空気の性質として温かいほど水分量が増え冷たいほど減ります。つまり冬場は許容量が減り、少ない水分でも結露になります。

複合機は結露が発生しやすい

複合機やスキャナーはガラス面が多く、複合機内部と外気の温度差が生まれやすく結露になりやすくなります。

故障の原因なるので注意

結露がひどい場合は故障につながる場合があります。
結露になる前に対策が必要です。

結露が出たときの対応

・電源を入れてしばらく待つ。
・室内を温める
・複合機本体をヒーターなどであたためる

結露が出さないための予防

・電源はいれっぱなし
・エアコンを活用する
・窓の近くに置かない
・複合機の中に乾燥剤を入れる

結露は故障の原因になりますので、出た時の対応と出さない対策はしっかりしましょう。

コピー・複合機のお問い合わせはこちらから>>

記事の一覧に戻る

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る