コピー機・複合機 > ACNのコピー機ブログ > コピー機のトラブル > コピー機のクリーニング

コピー機のクリーニング

pic-kodawari-300x197コピー機や複合機は長く使用していると印刷時に黒や白い線が入って出力される場合があります。こんなときはクリーニングをしましょう。

コピー機のクリーニング方法

コピーした時に筋が入ったり、霧がかかった場合は、プリンターヘッドの汚れや原稿読み取り装置の汚れが原因の場合があります。複合機いはクリーニング機能が搭載されているのでためしてみてください。

黒い線が入った場合のクリーニング方法は?

(1)本体読み取りガラス・原稿を抑えの汚れをアルコールや薄い中性洗剤を柔ない布につけて拭いてください。
(2)原稿自動送りの装置が汚れてる場合は、カバーを開けてガラス部分やローラーを拭いてください。
それでも解消されない場合は、メンテナンスを依頼しましょう。無理に内部を清掃すると故障の原因になります。

複合機の導入・入れ替える場合は

複合機は導入したてはキレイに印刷されますが、利用頻度や期間が多くなれば黒線やぼけたりします。保守契約がなければ、修理や部品交換などの際に費用がかかってしまいますし、長期間使用できない場合もあるのでメンテナンスや保守がついたプランで導入することをおすすめします。

記事の一覧に戻る

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る