コピー機・複合機 > コピー機・複合機あれこれ > リースのメリット > そもそもリースって何?

そもそもリースって何?

コピー機・複合機を導入するときに一番多い契約方法が「リース」です。
その「リース」とはどういったモノなのかをご紹介します。

リース契約とは

企業などが選択した機械設備等(コピー機・複合機など)を、リース会社が購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引のことを指します。

一般的なリース契約の流れ

リース契約は「お客様」「ACN(販売店)」「リース会社」の3社間でそれぞれ契約ややり取りが発生します。

リース契約にすることで、「初期費用を掛けずに導入できる」「月々の経費として処理できる」「銀行からの借入枠が温存できる」などの特徴があります。

詳しくはリースのメリット・デメリットに記載しているのでそちらもご覧ください。

コピー機を長くご使用中ならおトクな入れ替え方法がございます
詳しくはコチラ>>

▲ ページの先頭へ戻る