コピー機・複合機 > コピー機・複合機あれこれ > リースのメリット > リースとレンタルの違いは?

リースとレンタルの違いは?

「リース」と「レンタル」では、どちらも「借りる」という意味では同様ですが、実は内容が全く違います。
ここでは何が違うのかを詳しくご紹介します。

リース契約とは

企業などが選択した機械設備等(コピー機・複合機など)を、リース会社が購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引のことを指します。

レンタル契約とは

レンタル会社が、既に所持しているモノをお客様が必要とされる期間、賃貸する取引のことを指します。
※ほとんどが中古品になります。

リースとレンタルの違い

リースとレンタルそれぞれの特徴を下記表にまとめました。
※期間や解約については実際の契約によって異なりますので、事前に販売会社にお問い合わせください。

※指でスワイプするとスクロールします。

項目 リース レンタル
機種の選定 お客様の希望する機種を自由に選定可能 レンタル会社の在庫から選定
契約期間 通常3年~10年 短期間(最短1日~)
※コピー機としては1年以上が基本
機種の所有権 リース会社 レンタル会社
減価償却 リース会社 レンタル会社
損金処理 原則リース料全額 レンタル料全額
中途解約 原則不可 可能
※違約金が発生する場合有り
月額料金 基本的にレンタルより割安、
期間満了後の再リース料はさらに割安
基本的にリース料より割高、
期間が短くなる程さらに割高
期間満了後の扱い リース会社に返却または再リース契約で延長利用 レンタル会社に返却または延長レンタル

上記の特徴から、長期間の利用なら「リース」短期間の利用なら「レンタル」がおすすめです。
しかし、「何年仕事を続けるか分からないから・・・」といった理由からレンタルを選ぶお客様もいらっしゃいますが、
基本的にレンタルは中古機になり、リースよりもランニングコストが高くなりますので、長く使えば使うほどコストも業務効率も
マイナスになってしまいます。
そのため、短期間での利用が確定していない場合はリースの方がおすすめです。

詳しくはリースのメリット・デメリットに記載しているのでそちらもご覧ください。

コピー機を長くご使用中ならおトクな入れ替え方法がございます
詳しくはコチラ>>

▲ ページの先頭へ戻る