コピー機・複合機 > コピー機・複合機あれこれ > リースのメリット > リースとレンタルの違いは?

リースとレンタルの違いは?

「リース」と「レンタル」では、どちらも「借りる」という意味では同様ですが、実は内容が全く違います。
ここでは何が違うのかを詳しくご紹介します。

リース契約とは

企業などが選択した機械設備等(コピー機・複合機など)を、リース会社が購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引のことを指します。

レンタル契約とは

レンタル会社が、既に所持しているモノをお客様が必要とされる期間、賃貸する取引のことを指します。
※ほとんどが中古品になります。

リースとレンタルの違い

リースとレンタルそれぞれの特徴を下記表にまとめました。
※期間や解約については実際の契約によって異なりますので、事前に販売会社にお問い合わせください。

※指でスワイプするとスクロールします。

項目 リース レンタル
機種の選定 お客様の希望する機種を自由に選定可能 レンタル会社の在庫から選定
契約期間 通常3年~10年 短期間(最短1日~)
※コピー機としては1年以上が基本
機種の所有権 リース会社 レンタル会社
減価償却 リース会社 レンタル会社
損金処理 原則リース料全額 レンタル料全額
中途解約 原則不可 可能
※違約金が発生する場合有り
月額料金 基本的にレンタルより割安、
期間満了後の再リース料はさらに割安
基本的にリース料より割高、
期間が短くなる程さらに割高
期間満了後の扱い リース会社に返却または再リース契約で延長利用 レンタル会社に返却または延長レンタル

上記の特徴から、長期間の利用なら「リース」、短期間の利用なら「レンタル」がおすすめです。 しかし、「何年仕事を続けるか分からないから・・・」といった理由からレンタルを選ぶお客様もいらっしゃいますが、基本的にレンタルは中古機になり、リースよりもランニングコストが高くなりますので、長く使えば使うほどコストも業務効率もマイナスになってしまいます。 そのため、短期間での利用が確定していない場合はリースの方がおすすめです。

詳しくはリースのメリット・デメリットに記載しているのでそちらもご覧ください。

コピー機の導入は「ACN」で!

初期費用0円のリース契約がおトク!

コピー機・複合機を導入するならリースがお得です。特に新規開業のお客様には設備などに資金が必要です。リース契約なら月々の決まった額のお支払いだけで導入できます。また、リースは資産管理などの複雑な償却計算や財務管理が不要になるなど、様々なメリットがあるため多くの企業様が利用されています。またACNは複数のリース会社と提携し、累計2万社を超える実績があるので業界トップクラスのリース審査可決率を誇ります。

純正トナーを超低価格でご提供

製造メーカーとのタイアップにより、業界最安でお客様にトナーの提供が可能となりました。カウンター料金による課金がないため、お客様にかかる費用は使用したトナー料金のみです!

3年連続お客様満足度第1位を獲得。ACNは保守・メンテナンスサポートも充実しています。
詳しくはコチラ>>

オフィスの悩みはACNにご相談下さい!

ACNでは、コピー機・複合機以外にも業務用エアコンやセキュリティシステムなども初期費用0円のリースでご案内しております。

●「エアコンの調子が悪い」「10年以上使っている」という方!

●「防犯対策をしたい」「業務管理を強化したい」という方!

▲ ページの先頭へ戻る