コピー機・複合機 > コピー機・複合機あれこれ > その他 > サイバーセキュリティ月間

サイバーセキュリティ月間

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)では普及啓発強化のため、2月1日から3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」としています。 ACNでも、お客様が安心してコンピューターやインターネットをご使用できるように、この取り組みに賛同し、情報セキュリティに関する情報を発信して参ります。

サイバーセキュリティ普及啓発

サイバーセキュリティ普及啓発ロゴマーク

ロゴマークの意味

中央の球体は国際社会(地球)をイメージし、白い線は情報通信技術のグローバル化と国際社会にいる世界中の人々のネットワーク(繋がり)との両方の意味を持ちます。
地球を包む3つのオブジェクトは、サイバーセキュリティ普及啓発のキャッチフレーズ「知る・守る・続ける」そのものであり、
「知る」(青色)は、ITリスクなどの情報を冷静に理解し知る
「守る」(緑色)は、安全・安心にインターネットを利用し、サイバーセキュリティ上の脅威から、身を守る
「続ける」(赤色)は、サイバーセキュリティ対策を情熱を持って続ける
ことをそれぞれ意味します。

中小企業における情報セキュリティの取り組み

中小企業のITの利活用が進んでいく中、日々高度化・多様化する脅威の発現により、事業に悪影響を及ぼすリスクも高まっています。
また、マイナンバー法の施行、個人情報保護法の改正等に伴い情報セキュリティに対する社会的要請、法的責任が拡大し、情報セキュリティへの取り組みは優先課題となっています。

情報セキュリティでは、最悪の事態を想定し、
対策を打つことが求められます。

インターネットバンキングからの不正送金
  • フィッシング詐欺やウィルスにより、ユーザーのパスワードが盗まれ、本人に成りすまして
    不正送金が行われています。 不正送金の手口や、ウイルス侵入を防ぐための方法をご紹介します。
  • 詳しい内容はこちら >>
標的型攻撃メール
  • 不特定多数の対象にばらまかれる通常の迷惑メールとは異なり、対象の組織から重要な情報を盗むことなどを目的として、組織の担当者が業務に関係するメールだと信じて開封してしまうように巧妙に作り込まれたウイルス付きメールのことです。
  • 詳しい内容はこちら >>
マスメール型ウイルスメール
  • 不特定多数に対して「知らない送信者」「興味を引きそうな題名」「本文は英語などが多い」「無作為に大量に送信」という特徴を持って『ばらまき型』の迷惑メールに混入されているランサムウェアの1種です。
  • 詳しい内容はこちら >>
WEBサイトの改ざん
  • 近年のサイト改ざんはマルウェアを利用した金銭目的の犯罪へとシフトしています。 一般の利用者が改ざんされたサイトを閲覧するだけで、いつの間にかPCがマルウェアやウィルスに感染してしまいます。
    こちらでは、WEBサイトの改ざんについての対策をご紹介します。
  • 詳しい内容はこちら >>
不正ログイン・不正利用
  • 不正なログインや、それに伴いサービスの不正利用や情報漏えい等の事件が増加しています。
    その悪質な手口と対策についてをご紹介します。
  • 詳しい内容はこちら >>
悪意あるスマートフォンアプリ
  • スマートフォンアプリにより、端末に保存されている電話帳等の情報が、
    知らぬ間に窃取される被害が続いています。個人情報悪用についての対策をご紹介します。
  • 詳しい内容はこちら >>
DDoS攻撃について
  • 「DDoS攻撃」とは、サイトに大量のリクエストを送信することで、ネットワークやサーバに膨大な処理負荷を発生させ、誤動作やサービス停止に追い込む攻撃手法のことです。
  • 詳しい内容はこちら >>

▲ ページの先頭へ戻る