HOME > UTM 1台であなたの会社を守ります!

あなたの会社の
パソコン大丈夫ですか?

普段使用しているパソコンやネットワーク機器は、インターネットの普及により常に外部から攻撃を受けるリスクがあります。ウイルス感染や有害メール、不正アクセス、情報漏洩などの脅威に晒されています。我社はファイアウォールがあるから大丈夫と安心している方は危険です。ファイアウォールだけではアンチウイルスやアンチスパムなど、様々なネットワークの脅威から守ることができません。
これらの脅威から守るために、ウイルスソフト、ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパム、Webフィルタリングなどの機能を一つにまとめて統合したものがUTMです。
UTMによってウイルスやマルウェア、有害メール、ネットワーク不正侵入など、予知できないネットワーク攻撃を統合的に防ぎ、情報漏えいや悪者からの搾取から保護するオールインワンセキュリティ対策機器です。
UTM1台を設置することで様々な脅威からあなたの会社を守ります。

UTM1台で運用コストと
手間が圧倒的に軽減されます

ウイルスソフト、ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパム、Webフィルタリングなどのツールをそれぞれ個別に管理運用するのは、コストと手間がかかります。しかしUTMなら複数のセキュリティ機能をまとめて管理できるので運用コストの低減と手間が大幅に軽減できるので、効率的なセキュリティ対策が可能になります。

なぜ今UTMが必要なのか?

上記でも説明しましたが、現在はウイルスだけではなくスパイウェアやワームなどのマルウェアが登場しており、ネットワーク被害の確率が上がってきています。またアクセス手段も多様化しているので、これまでの単純なファイアウォールでは対応できなくなってきています。

このような状況下、特に近年問題とされている個人情報の取り扱いにも注意が必要です。自社だけではなく顧客や取引先の個人情報を扱う企業はその対策を怠れば甚大な被害を及ぼす可能性があり、企業イメージの悪化、社会的信用の喪失に繋がります。

複数のセキュリティ機器を一元化して運用することで、コスト削減を実現しつつ様々な脅威からまもることができるUTMは、セキュリティ対策を考える企業にとって「助け船」になります。

個人情報漏洩事件・ニュース
検索大手Y社が10億件のデータ流出

検索大手Y社が2016年9月に10億件のユーザーアカウントのデータが盗まれていたことがわかりました。ユーザー名、メールアドレス、電話番号、生年月日、ハッシュパスワードなどの情報にアクセスしていました。これほどの規模の攻撃が発生したことで、ネットワーク、ファイアウォール、電子メール、およびエンドポイントのセキュリティが組み込まれた多層型セキュリティアプローチの必要性が今まで以上に強調されることになりました。

個人情報漏洩事件・ニュース
被害が増え続ける不正送金

フィッシング詐欺やウイルスにより、ユーザーのパスワードが盗まれ、本人に成りすまして行われている不正送金の被害は多くの地方銀行や信用金庫・信用組合に拡大していっています。地銀・信金・信組の被害合計数が増加する恐れがあります。

個人情報漏洩事件・ニュース
サイバー犯罪者の次の標的は
金融機関以外へ

経営者や取引先になりすまして法人組織内の財務会計担当者に偽の送金指示などを行う「ビジネスメール詐欺(BEC:Business E−mail Compromise)」が世界的に猛威を振るっています。BECは、犯罪者がサーバなど攻撃用のインフラを用意する必要もなく、不正メールを用意するだけで、高額な金銭を窃取することができます。
また、バングラデシュ中央銀行の送金プロセスのハッキングでは約8,100 万米ドル(約92 億円)の被害が発生しました。人的なミスに依存するBEC と異なり、この事例は大手機関の送金プロセスを深く理解し、それを基に実行されました。このような攻撃を「ビジネスプロセス詐欺(BEC:Business Process Compromise)」と呼んでいます。BPC は、金融機関の送金プロセスを主な標的としながらも、その対象は金融機関を超えて拡大していくと予想されます。
サイバー犯罪は日進月歩。次々と新手が現れてきます。その犯罪の足がかりを作らないように、情報ファイルの防御が必要です。

個人情報漏洩事件・ニュース
大学でサイバー攻撃の被害。
生徒や教員などの個人情報流出

2017年5月18日~7月4日の約1か月半、攻撃者はクウェートなどのIP経由で不正アクセスを実行し、どう大学の教員1名のIDとPASSを利用して授業で使うシステムにアクセスし、不正プログラムを仕掛けました。この攻撃で約7万人の氏名やアドレスなどの情報が流出。さらにメール文章に記載されていた教職員59名の給与や人事情報も漏洩した可能性があることを明らかにしました。

個人情報漏洩事件・ニュース
IoT機器へ感染するウイルスMiraiが
世界中で猛威

「Mirai」(ミライ)は防犯カメラやルーターなど、IoT機器に感染し、ボットネットを形成するマルウェアで、2016年にはAmazon.com、Twitterなど、大手サイトが利用しているDNSサービス「Dyn」をダウンさせる事件を起こすなど、世界中に猛威をふるっています。
被害は世界中でおよそ50万台、日本でも感染は確認されています。

個人情報漏洩事件・ニュース
検索大手Y社が10億件のデータ流出

検索大手Y社が2016年9月に10億件のユーザーアカウントのデータが盗まれていたことがわかりました。ユーザー名、メールアドレス、電話番号、生年月日、ハッシュパスワードなどの情報にアクセスしていました。これほどの規模の攻撃が発生したことで、ネットワーク、ファイアウォール、電子メール、およびエンドポイントのセキュリティが組み込まれた多層型セキュリティアプローチの必要性が今まで以上に強調されることになりました。

個人情報漏洩事件・ニュース
被害が増え続ける不正送金

フィッシング詐欺やウイルスにより、ユーザーのパスワードが盗まれ、本人に成りすまして行われている不正送金の被害は多くの地方銀行や信用金庫・信用組合に拡大していっています。地銀・信金・信組の被害合計数が増加する恐れがあります。

個人情報漏洩事件・ニュース
サイバー犯罪者の次の標的は
金融機関以外へ

経営者や取引先になりすまして法人組織内の財務会計担当者に偽の送金指示などを行う「ビジネスメール詐欺(BEC:Business E−mail Compromise)」が世界的に猛威を振るっています。BECは、犯罪者がサーバなど攻撃用のインフラを用意する必要もなく、不正メールを用意するだけで、高額な金銭を窃取することができます。
また、バングラデシュ中央銀行の送金プロセスのハッキングでは約8,100 万米ドル(約92 億円)の被害が発生しました。人的なミスに依存するBEC と異なり、この事例は大手機関の送金プロセスを深く理解し、それを基に実行されました。このような攻撃を「ビジネスプロセス詐欺(BEC:Business Process Compromise)」と呼んでいます。BPC は、金融機関の送金プロセスを主な標的としながらも、その対象は金融機関を超えて拡大していくと予想されます。
サイバー犯罪は日進月歩。次々と新手が現れてきます。その犯罪の足がかりを作らないように、情報ファイルの防御が必要です。

個人情報漏洩事件・ニュース
大学でサイバー攻撃の被害。
生徒や教員などの個人情報流出

2017年5月18日~7月4日の約1か月半、攻撃者はクウェートなどのIP経由で不正アクセスを実行し、どう大学の教員1名のIDとPASSを利用して授業で使うシステムにアクセスし、不正プログラムを仕掛けました。この攻撃で約7万人の氏名やアドレスなどの情報が流出。さらにメール文章に記載されていた教職員59名の給与や人事情報も漏洩した可能性があることを明らかにしました。

個人情報漏洩事件・ニュース
IoT機器へ感染するウイルスMiraiが
世界中で猛威

「Mirai」(ミライ)は防犯カメラやルーターなど、IoT機器に感染し、ボットネットを形成するマルウェアで、2016年にはAmazon.com、Twitterなど、大手サイトが利用しているDNSサービス「Dyn」をダウンさせる事件を起こすなど、世界中に猛威をふるっています。
被害は世界中でおよそ50万台、日本でも感染は確認されています。

UTMの主な機能

外部(インターネット)からの脅威

UTMは、インターネットからの脅威を、ネットワークの入り口/出口でシャットアウトします。セキュリティのコントロールを一元的にかつ自動的に実施することで、お客様のセキュリティ対策の効果を大幅に高め、運用コストを大幅に低減します。

専門ベンダーのセキュリティを搭載!
だからこそ高いセキュリティを実現します!

  • アンチウイルス

  • アンチウイルス

  • 侵入阻止

  • 迷惑メール対策

  • アプリケーション制御

  • レピュテションセキュリティ

Firebox T15はウイルス感染や不正侵入、迷惑メールといったインターネットを介した様々な脅威から企業内のネットワークを防御するUTM機器で、Webフィルタリングやアプリケーション制御など、様々なネットワークセキュリティー機能が集約されています。

ACNが
選ばれる
理由

UTMを導入するなら
初期費用0円の
リース契約がおすすめです。

ACNはコピー機や複合機の実績も多く、信頼ある15社以上の信販会社と提携しております。

リース契約のメリット

  • 初期費用0円で導入できる
  • 全額損金処理できる
  • 天災や偶発的な事故も動産総合保険で安心
  • コストが把握しやすく管理業務の合理化が測れる
  • 銀行の借り入れ枠が温存できる

ACNが
選ばれる
理由

UTMだけじゃない
様々な付加価値提案でオフィスを丸ごとサポート

直接訪問と遠隔操作のWサポートで安心!
パソコン・ネットワークのお困りごとは
ACNの「アクティブサポート」にお任せ!

  • サービスエンジニアによる出張対応
  • 障害時の電話対応による遠隔リモートサービス(リモート支援パッケージ)
  • ファイアーウォールの設定
  • 必要に応じてのファームウェアのバージョンアップ
  • パソコン操作のオペレーティング(ただし専門ソフトを除きます)

ACNが
選ばれる
理由

全国展開のACNだからできる
地域密着のフォロー
お客様満足度二年連続No.1の
サポート体制

「ACNにしてよかった」
多くのお客様から好評を頂いております

ACNは、外部調査機関によるお客様満足度調査において2年連続で1位の評価を頂きました。日頃よりご愛顧頂いているお客様へ感謝申し上げるとともに、今後もより多くのお客様のご期待にお応えできるよう邁進してまいります。※東阪エリアオフィスソリューション利用経験者に向けたウェブ調査 【調査機関】マイボイスコム(2018年1月)

オフィス全体の
セキュリティをもっと強固に

4つの感染経路と
4つの防止対策

感染経路 -1-

迷惑メール・
スパムメール

メールに添付されているファイルを開いただけで、ウイルスに感染することがあります。また、メール本文内に記載されているURLをクリックすることで感染してしまうケースもあります。

感染経路 -2-

ネット検索・
ネットサーフィン

悪意のあるページを閲覧しただけで感染してしまうことから、ウイルス感染の被害。ネット上の動画や画像、ソフトに見せかけて、ウイルスに感染したファイルをダウンロードさせ感染させる。

感染経路 -3-

端末が複数台ある
ネットワーク

社内ネットワークで複数のパソコンを接続している場合、1台のパソコンがウイルス感染しただけで、ネットワークでながっている他のパソコンまで被害が拡大。

感染経路 -4-

各種記憶媒体
USBメモリー、CD-R、DVD-R、BD-R、外付けのハードデイスクなど、各種記憶媒体のデータの中にコンピュータウイルスが含まれている場合、パソコンと接続するだけでウイルスに感染する。

3つのリスク

  • 社内LAN感染
  • 外部からの標的攻撃
  • 無線Wifi環境から侵入

対策レベル -1-

UTM
(総合脅威管理)

ファイアウォールやVPN、ウイルス対策、不正侵入検知、WEBフィルタリングなど必要な一通りの機能が装備。

対策レベル -2-

エンドポイント
セキュリティ

社内・社外のネットワークに接続されるエンドポイントに対して、セキュリティ対策を実施するこが求められる。

対策レベル -3-

ネットワーク
サーバー(NAS)

安全と便利を兼ね備えた大容量セキュリティストレージサーバーで大事なオフィスのデータを一元管理が可能。

対策レベル -4-

情報GATEWAY
知らない間に不正端末からの情報漏えいやメールによるセキュリティ事故を未然に防ぎます。