サイバー攻撃から会社を守るUTMとは?

%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3サイバー攻撃の手口は年々高度化・巧妙化しており、様々な脆弱性を攻撃してくるワームやウイルスなど、企業ネットワークは日々新たな脅威にさらされています。そのような中で次世代のセキュリティ対策として多くの企業に求められているのが「UTM(統合脅威管理)」です。

UTMとは

UTMは「Unified Threat Management」の略で、「統合脅威管理」と呼ばれています。複数の機能を導入・管理していくには手間もコストもかかりますが、UTMならファイアウォール・アンチウィルス・不正侵入検知防御(IPS/IDS)・Webフィルタリングなどの複数のセキュリティ機能を集約しています。

ファイアウォールとの違い

ファイアウォールは、外部の不正なアクセスから社内ネットワークを守ってくれます。外部からの不正なパケットを遮断する機能や許可されたパケットだけを通過させる事ができます。ただ、ファイアウォールは決められたルールの中で動作するため未知の脅威などからは守る事ができません。その点、UTMはファイアウォールや、複数の脅威検知によりネットワークを包括的に防御することによって、複雑化・悪質化が止まないネットワーク脅威に対抗するセキュリティレベルの環境を構築します。

UTMのメリット

●メンテナンス負荷の低減

●運用管理の手間・コストの低減

●複数のセキュリティ機能を装備

●初期投資の負担を軽減し導入しやすい

デメリット

●通信速度の低下

●故障すると全てのセキュリティ機能が無効になる

 

近年のサイバー攻撃

例えば、特定のアプリケーションソフトの脆弱性につけこんでマルウェア(悪意的なプログラム)を侵入させたり、連続的に膨大な情報を送りつけてサーバをダウンさせたる(DoSアタック)といった手口が典型的です。このほかにも金融機関のwebサイトを装った偽のサイトに誘導してクレジットカード番号などの重要な情報を入力させるフィッシングなど、様々な犯罪手法が開発されています。

 

システム運用負担、コスト、セキュリティという複数の視点から考えても、UTMは昨今のビジネス環境に欠かせないセキュリティ製品と言えます。組織の重要な情報の流出を防止したい、企業内にセキュリティ担当者がいない、顧客情報など重要な情報を扱っている、など1つでも当てはまった方はUTMの導入をご検討ください。ACNではUTMはもちろん、他のネットワーク機器まで幅広くご提案可能です!

 

ネットワークのことならACNまで!>>

記事の一覧に戻る

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る