建設・土木業向け複合機活用事例 建設・土木業向け複合機活用事例

建設・土木業向け複合機活用事例

お客様への提案書や、作業員に配る設計図や概要書等、カラー原稿を使うことが非常に多い業種とされています。
建設業の皆様の課題やご不満をお聞きし、その解決事例についてご紹介いたします。

コピー機・複合機 > 建設・土木業向け複合機活用事例

建設・土木業の業務で気になるお困りごと

建設・土木業の業務で
気になるお困りごと

現場は埃や土、水などで汚れやすい環境だから、普通の紙だと、濡れたり、泥がつくとすぐに使い物にならなくなる。

ベストアンサー

耐水紙(ラミフリー)で印刷する。

耐水紙(ラミフリー)

水や土汚れに強い紙だと、文字が見えなくなることもないし、
土がついてもはらえばそのまま使うことが可能。
京セラ最新複合機TASKalfa6052ciシリーズなら、普通紙の他
耐水紙印刷をすることも可能です。

印刷コストの削減

印刷コストの削減

社内用・社外用問わず、間取り図や図面などの印刷が多く、出力コストが気になります。

コストを抑えられる大量カラー印刷方法

方法1

両面印刷や縮小印刷をする

縮小印刷
青色の下向き矢印

・1枚で2枚分以上のデータを見れるため
コストを50%以上削減できる
・小さくなるため見づらく、両面にすると
並べて見ることが出来ない

方法2

カラー原稿も白黒印刷する

白黒印刷
青色の下向き矢印

・白黒印刷時の料金になるので
コストは安くなる
・色分けが出ないので
グラフや表が分かりづらい

方法3

エコプリントを利用する

エコプリント
青色の下向き矢印

・色合いはそのままでコストを
下げたカラー印刷ができる
・色が薄くなるので似たような
色は見分けづらくなる

ベストアンサー

スーパーアクティブプランで複合機を導入!

ACNには、トナーを使った分だけお支払い頂く、無駄が出ない保守方式があります!

スーパーアクティブプラン カラー1枚単価4.54円 モノクロ1枚単価0.64円

最新機種で印刷コスト大幅削減!メンテナンスも充実だから安心してご利用いただけます。
≫ 詳しくはこちら

FAXの紛失を防ぐ

FAXの紛失を防ぐ

FAXで届いた請求書や納品書の出しっぱなしは紛失・情報漏えいに繋がります。ですが作業中は限られた時間しかコピー機を確認できない。

FAXの運用方法

方法1

データで保存し紙で出力しない

ノートパソコンに映し出されるグラフ
青色の下向き矢印

・印刷コストが丸ごと削減でき、
紙の紛失がなくなる
・印刷されないので届いたタイミングで
気付くことが難しい

ベストアンサー

自動「SMB転送」「Email転送」を活用する。

印刷中のコピー機

受給FAXを同時に「SMB転送」「Email転送」することで、ファイルサーバーやNASへ自動転送すると
同時にMailで受信通知もできる仕組みを作ることができます。
共有フォルダーに保存することでチームでリアルタイムに共有することができ、
PCの使用者に依存されません。
もちろん紛失もなく、データとして保管することが可能です。
「特定の日時に受信したFAXを確認したい」といった内容でも
データであれば検索で簡単に探し出すことが出来ます。

打ち合わせ風景

建設・土木業で複合機活用にお困りなら、ぜひACNにご相談ください。
お客様の目的や環境に最適な解決方法をご提案いたします。

詳しくはこちら

建設・土木業で複合機活用に
お困りなら、ぜひ
ACNにご相談ください

詳しくはこちら