万全のネットワークセキュリティ対策
ネットワークセキュリティプランNEW

NEW
万全のネットワークセキュリティ対策
ネットワークセキュリティプラン

昨今、世界中で大企業における情報漏えい事件が世間を賑わしていますが、実は中小企業の方がサイバー攻撃によるリスクが大きいと言えます。中小企業の場合、情報漏えいによる金銭的損害や顧客喪失による被害は致命的な打撃につながる可能性が高いからです。中小企業では、重要な情報資産を守るための防御体制が甘く、金銭目当てのハッカーにとっては恰好の標的にされやすくなっており、特に大規模組織をパートナーに持つ企業は、目を付けられやすくなります。
ACNのネットワークセキュリティプランでは高度化する標的型攻撃に対抗するために、外部対策(ウイルス対策など)と内部対策(アクセス管理など)を組み合わせた独自のプランで、企業システム全体を多層的に防御するネットワークセキュリティから人的ミスによる情報漏洩対策や情報資産管理までをカバーしたオールインワンのプランです。

初期費用0円導入設置費用含む

中小企業を中心に標的型攻撃による
被害が増えてきています!

多くの企業や組織において標的型攻撃の被害が報告されており、その被害は年々増えてきています。標的型攻撃の被害に遭ったことを公表していない企業、あるいは被害を正確に把握できていない企業などが存在することも予想され、実際の被害は報告以上に広がっている可能性があります。

中小企業にとっても他人事ではありません。中小企業は、大企業と比べてセキュリティ対策が緩いケースが多いため、大手企業を攻撃するための情報を取引先である中小企業から盗み出そうとするケースが増えています。

【標的型攻撃とは】
標的型攻撃とはサイバー攻撃の一種で、攻撃者が明確な意志と目的を持ち、その目的を達成するために執拗かつ継続的に攻撃を行う。代表的な攻撃手法としては、電子メールに不正プログラムなどを添付して従業員などの端末に侵入を図り、そこを足がかりに組織内部のシステムに不正にアクセスして機密情報などを不正に入手する。

ACNのネットワークセキュリティプランは、
巧妙化する標的型攻撃に対し、
多層的な解決策をご提案します!

攻撃方法も巧妙化しており、ネットワークの出入口に対する外部対策だけではなく、社内ネットワークに対する内部対策や情報漏洩・データ保護などを組み合わせて、企業システム全体を多層的に防御する必要があります。ACNのネットワークセキュリティプランでは、業種や業務環境を踏まえてお客様一人一人のニーズに合った最適なソリューションをご提案致します。

外部対策(ネットワーク)とは
インターネットの脅威は
不特定多数から標的型攻撃へ

インターネットを安全かつ快適に使うためには、ウイルス感染、不正侵入、迷惑メール、ネットワーク攻撃といった様々な脅威への対策が必要です。特に企業においては、従来の不特定多数を狙った攻撃ではなく、あらゆる手段や方法を用いて長期的に継続して行われる「標的型攻撃」が深刻化しています。年々、高度化・巧妙化する標的型攻撃に対して早急に対策を行い、取引先等への被害を最小限に抑えることが重要です。

外部対策(ネットワーク)に最適なソリューション
中小企業が抱えるセキュリティリスクを
UTM(統合脅威管理)1台で解決!
インターネットの出入口対策を強化

外部対策(ネットワーク)に最適なソリューション
中小企業が抱えるセキュリティリスクを
UTM(統合脅威管理)1台で解決!

UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)は、ウイルスやマルウェア、有害メール、ネットワーク不正侵入など、予知できないネットワーク攻撃を統合的に防ぎ、情報漏えいや悪者からの搾取から保護するオールインワンセキュリティ対策機器です。
このセキュリティアプライアンス製品を1台設置することで、様々な脅威からあなたの会社を守ります。また、導入後の運用や管理はシンプルで専門的な知識も不要なため、個別のセキュリティ対策を組み合わせる場合と比べて優れた費用対効果があります。

Firebox T15はウイルス感染や不正侵入、迷惑メールといったインターネットを介した様々な脅威から企業内のネットワークを防御するUTM機器で、Webフィルタリングやアプリケーション制御など、様々なネットワークセキュリティ機能が集約されており、インターネットからの脅威を、ネットワークの入口/出口でシャットアウトします。セキュリティのコントロールを一元的にかつ自動的に実施することで、お客様のセキュリティ対策の効果を大幅に高め、運用コストを大幅に低減します。

ランサムウェアによる被害が急増中

2017年警察庁発表の「不正アクセス行為対策等の実態調査」によりますと、攻撃手段では「ウイルスなどの感染」が66.9%で1番多く、過去に受けた被害では「ランサムウェア」が51.0%で回答した企業の半数以上が被害に遭っています。
ランサムウェアによる事件は「ニュースの中だけのこと」「うちは被害に遭わない」と心のどこかで思っていないでしょうか?従来の方式のアンチウイルスソフトだけでは防ぐことが難しいと言われている今、未知のランサムウェアに対応した対策が必要です。

内部対策(ネットワーク)とは
標的型攻撃やランサムウェア対策には
エンドポイントセキュリティが有効!

従来の攻撃では、ウイルスやトロイの木馬などのマルウェアを含むメールを不特定多数にスパムメールを使って送り付けてマルウェアに感染させ、コンピュータの機能を停止させることが一般的でしたが、近年の攻撃では標的を設定し、関係者になりすましたり、信頼を得るために時間をかけて関係を構築してから感染させるなどして機密情報を盗み出します。また、ランサムウェアと呼ばれる身代金要求型のマルウェアを不特定多数に送り付けコンピュータに感染させ、コンピュータをロックしたり、ファイルを開けなくしてから、その復旧と引き換えに金銭を要求する攻撃が近年急増しています。

ゲートウェイ型の対策しか行っていない場合、ネットワーク内部やコンピュータ端末に侵入されてしまった場合に感染を検知できないため、サーバやユーザ端末にアンチウイルスソフトウェアをインストールすることが一般的になっています。しかし、アンチウイルスソフトが検出できないような未知のウイルスも実際には存在しているため、ウイルスが外部サーバに情報を送信したりファイルを毀損することを検知しブロックするような製品や、ユーザをウイルスに感染させるために悪意のある不正サイトに誘導することを防ぐなどの予防的システムを使うことが、エンドポイントセキュリティを強化する上で有効です。

内部対策(ネットワーク)に最適なソリューション
あらゆる脅威からエンドポイントが
コンピュータ・スマートフォンを守る

優れた管理・統計機能とユーザーフレンドリーなインターフェイス。長年の安心と信頼に基づいて選ばれています。標的型攻撃や脆弱性など高度・巧妙化するサイバー攻撃も多重防御機能で防御。またアンチウイルスやアンチスパムなどの高性能なセキュリティ機能がコンピュータを安全に守ります。そして、デバイスコントロール機能が搭載されているのでUSBメモリなのでリムーバブルメディアが挿入された時のアクセス方法や作業方法を定義することも可能です。
ES460は、標的型攻撃や脆弱性など高度・巧妙化するサイバー攻撃も多重防御機能で防御。またアンチウイルスやアンチスパムなどの高性能なセキュリティ機能がコンピュータを安全に守ります。また、デバイスコントロール機能が搭載されているのでUSBメモリ等のリムーバブルメディアが挿入された時のアクセス方法や作業方法を定義することも可能です。

情報漏えいは外部からの
不正アクセスだけではなく、
内部犯行への対応も求められています。

情報漏えいは外部からの不正アクセスによって引き起こされるだけではありません。TechTargetジャパン&キーマンズネット編集部の「2017年注目のITトピックス実態調査」によると、今後対応が求められている脅威として、「従業員による社内情報の公開や持ち出し」が約54%と、内部犯行への対応を考えている企業が大半になっています。

内部対策(人的ミス)とは
社内機密データ保護の強化は
内部犯行の抑止にも繋がります

従業員や関係者による機密情報、個人情報の漏えい防止のためには、重要情報がどこにどれだけ保存されているのか把握しておく必要があります。その上で、それらの情報を暗号化したり、権限設定により認証を強化して情報の漏えいを防いだり、または、そのような対策システムを導入したことを従業員に知らせることで内部犯行を抑止するというような対策が求められています。

内部対策(人的ミス)に最適なソリューション
社内からの機密データ流出を徹底ガード。
不正端末からの情報漏洩やセキュリティ事故を未然に防ぎます!

内部対策(人的ミス)に最適なソリューション
社内からの機密データ流出を徹底ガード。
情報漏洩やセキュリティ事故を未然に防ぎます!

不正端末侵入防御では、私物パソコン等の許可されていないパソコンやスマートフォン、IT機器を検知し、社内ネットワークへの接続をブロックすることで、ウイルスやスパイウェアの拡散、なりすまし、通信の盗聴などの攻撃を回避します。また、メールによるセキュリティ事故防止として、メール誤送信防止や送信メールフィルタリング、添付ファイル自動暗号化といったメールからの機密情報や個人情報の流出を未然に防ぎます。

情報資産管理(データ保護)とは
万が一のHDDの故障や誤作動による
トラブルからデータを守ることが大切です!

ITが欠かせない存在となった現在では、大切なデータを護る事が必要不可欠なものとなっています。
NAS(ネットワークストレージサーバー)は、HDDの故障、誤操作による上書き保存といったトラブルから大切なデータを護ります。また、専任のシステム管理者が不在であっても簡単に運用可能なシステムになっており、本来は難しいフォルダーのアクセス権限設定や大容量データの受け渡し等、ITに詳しくない方でも簡単に利用できます。

情報資産管理(データ保護)に最適なソリューション
万全のデータバックアップで情報漏洩対策!

個々で管理されている個人情報などのデータ資産を簡単に共有でき、万全のデータバックアップにより、PC故障によるデータ損失を防ぎます。定期的に障害の自己診断を行っているためシステム運用を止めない設計になっています。

情報漏洩対策(印刷物)とは
意外と知られていない
プリント環境のセキュリティ対策の重要性

情報化社会の発展と共にウイルスや有害メール、外部からの不正アクセスなどの様々な脅威が我々の周りを取り囲んでいます。このようなセキュリティの脅威は、パソコンやサーバー、ネットワークに限られた話ではありません。複合機についても適切な設定及び運用をすることによりセキュリティの脅威を軽減することが可能です。特に、情報漏えいの原因の大半は紙媒体(印刷物)であると言われており、プリント環境のセキュリティ対策は重要なポイントとなっています。

情報漏洩対策(印刷物)に最適なソリューション
複合機にもセキュリティ対策が必要です!

TASKGUARDサーバーレス認証印刷は、京セラ複合機のプリンター出力をICカード又はID・パスワードの入力によって利用者を認証することで、不正な印刷や機密書類の持ち去りによる情報漏えいの抑止に効果を発揮します。また、認証してから印刷を開始するため、印刷物の混在防止はもちろん、紛失やミスプリントの防止にもつながります。

ACNなら複合機をお得に導入できます

コピー機の常識を変える新プラン誕生
スーパーアクティブプラン

一枚当たりの印刷コストを極限まで抑え、印刷が多いお客様ほどお得に使っていただける画期的なプランです。このプランなら環境次第で最大80%の印刷コスト削減が見込めます。

  • ●カラー4.54円、モノクロ0.64円
  • ●地域密着で迅速・丁寧な自社サービスを実施
  • ●PCトラブルの解決や操作方法まで丁寧に対応