コピー機用語を覚えよう「スーパーG3」

コピー機パネル「スーパーG3」

電話回線を使って文書や画像を送受信するファクシミリ(ファクス)の規格で、ITU-TS という団体によって標準化された国際規格です。

まず G3 FAX はアナログ回線に対応したもので、基本規格では A4サイズ の原稿1枚を約60秒で送信できます。解像度は 200 dpi ×200 dpi。現在、ほとんどのファクス機が G3規格に対応しています。

その後、モデムの進化などに伴って、A4原稿1枚を家庭用では約30秒、業務用では約20秒で送れるようになりました。また、同じメーカーのファクス機同士で送受信する場合、独自の圧縮技術を使ってさらなる高速化が実現されている商品もあります。

スーパーG3 はG3規格を拡張したもので、アナログの電話回線で A4原稿1枚を最短約3秒で送信できます。現在、業務用の複合機はほとんどがスーパー3G に対応しているため、家電よりも早く送受信することが可能です。

スーパーG3対応コピー・複合機のお問い合わせはこちらから>>

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る