複合機/コピー機のリース料金相場とは?

印刷頻度が多いオフィスや、高画質な印刷が求められる業務では、プリンターよりもハイスペックな複合機が利用されています。今回は、複合機のリース料金についてご紹介します。

リース料/買取の相場

複合機のリース料金は月々6,000円程度が下限であり、12,000円~15,000円程度が相場となっています。ハイクラスなモデルは、20,000円以上で提供されていることもあります。

複合機・コピー機におけるリース料/買取の相場一覧

上記がリース料の相場と買取の相場になります。あくまでもおおよそなので、メーカーや機種、業者によっては幅があります!

カウンター料金とは

カウンター料金とは、コピー機をリース契約で利用する際の課金方式の1つです。コピー機で印刷をするたびに機器内に取りつけられたカウンターが印刷枚数をカウントし、1枚当たりの料金に利用枚数を掛けた料金が毎月請求されます。

つまり、リース契約を行なった場合はコピーや印刷を行うたびにカウンター料金が発生します。カウンター料金のことを考えずにコピーや印刷を繰り返し行っていると、予想以上の請求が来ることがあるため注意が必要です。印刷ミスや余分なコピーはできるだけ避け、無駄のない利用を行いましょう。

ちなみに一般的なカウンター料金は、モノクロの場合で1枚当たり約2~3円、2色カラーの場合で1枚当たり約5~10円、フルカラーの場合は1枚当たり約15~25円です。日頃からカラー印刷が不要な書類はモノクロ印刷を行うなど、コスト削減を意識しながらコピー機を利用しましょう!

複合機・コピー機をリースした際、毎月の料金の仕組み

印刷枚数の把握が重要

複合機・コピー機のリース料金は、毎月の印刷枚数が大きく影響します。

月間の印刷枚数が2,000枚程度なのに、印刷速度が50枚/分のコピー機をリースすると、相場の倍額を支払い続けることになります。逆に、月間の印刷枚数が30,000枚以上なのに、リース料金を安くしようと20枚機のコピー機をリースすると、業務の生産性・効率に影響を及ぼす他、故障や寿命が早まる原因になります。

複合機・コピー機のリースをした際、月額料金を決める3つの要素

価格だけで決めると落とし穴が

安いところがいい!と思うかもしれませんが、それだけで決めてしまうと後々後悔することになるかもしれません。なぜかと言うと、リースにはメンテナンスなどの保守もプランに含まれています。安いだけで決めてしまうと、いざ故障した時にその業者が「全く対応してくれない」、「何度電話しても出てくれない」など対応に不満が出てくる可能性があります。違う会社に変えようとしても、また1から業者に連絡をして見積もりを取り直す…という無駄な時間とコストがかかってしまい、結果的に業務効率が下がってしまいます。

逆に、リース料が高い…と感じても、電話をしたらすぐに駆けつけてくれる、確かな技術力などサービス内容が充実しており、顧客満足度が高い証拠とも言えます。このように、機種だけでなく業者もよく吟味して選ぶ必要があります。

複合機・コピー機のリースなら顧客満足度4年連続No.1のACNまで>>

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る