エンドポイントセキュリティって?

%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc3近年、サイバー攻撃の巧妙化・複雑化によって、従来のウイルス対策ソフトだけではウイルスの侵入を防ぎきれなくなってきました。そのため、新たなセキュリティ強化に有効とされているのが「エンドポイントセキュリティ」です。エンドポイントセキュリティの概要とその重要性についてご紹介します。

エンドポイントセキュリティとは

エンドポイントセキュリティの「エンドポイント」とは、「末端」「終点」を意味する言葉です。転じて、セキュリティ用語ではネットワークに接続されている末端の機器、つまりPCやサーバーのほか、スマートフォンやタブレットなどの端末機器のことを指します。

以前までは社内に設置されたネットワーク端末のみがエンドポイントとされていましたが、インターネットの普及によって、社員の自宅や出先、また、スマートフォンを通じてアクセスすることが可能になり、現在ではエンドポイントの範囲は大幅に広がっています。それらをサイバー攻撃から守るためのセキュリティ対策が、エンドポイントセキュリティです。

重要視されているエンドポイントセキュリティ

働き方改革や新型コロナウイルスの影響によって、テレワークを導入する会社が多くなりました。従来エンドポイントセキュリティと言えば、社内のサーバーやデスクトップPCへの対策を行っていれば問題ありませんでしたが、従業員の自宅や外出先でノートPCやタブレットなどを用いて業務を行う機会が増えていることから、エンドポイント環境の範囲が広がっています。

社外から社内のネットワークに接続するノートPCやタブレットなどのエンドポイントについてもセキュリティ対策が必要となってきたことにより、社内・社外問わずセキュリティ対策ができるエンドポイントセキュリティへの関心が高まっています!

エンドポイントセキュリティの機能

●スパムメール対策(フィルタリング)

●ID管理

●プロセスの隔離

●振る舞い検知   など

 

今後、さらに多くの企業でエンドポイントセキュリティの導入が進んでいけば、導入していない企業が攻撃対象として狙われやすくなるという状況になることも考えられます。社内の重要なデータを守るために、エンドポイントセキュリティによるセキュリティ強化を検討してみてはいかがでしょうか。

ネットワークセキュリティをお考えの方はこちらまで>>

 

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る