京セラ複合機の「中間転写ベルト離間機能」

中間転写ベルト離間機能複合機がモノクロ印刷を行う時には、イエロー、シアン、マゼンタの中間転写ベルトを感光体ドラムから離し、カラー用ドラム・現像ユニットは完全停止します。
これにより、複合機のカラートナーがなくなった場合でも、FAX受信が可能です。

またカラー系を分離することで、カラードラムユニットと現像ユニットの長寿命化にも寄与しています。

【対応機種】
TASKalfa3051ciシリーズ

コピー機・複合機リースのお見積もりはこちらから>>

 

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る