2020年8月下旬発売「TASKalfa352ci」をご紹介!

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e6%a9%9f%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcテレワークをはじめとする新しい働き方が広まり、ペーパーレス化やオフィスの分散化、省スペース化を検討する企業が増えています。そのようなワークスタイルの変化に対応し、さまざまなご利用環境で、ストレスなく安心して使える商品になります。

標準装備の両面自動原稿送り装置によるモノクロ62ページ/分、カラー46ページ/分の高速スキャン、受信ファクスをデータで閲覧し、リモート先からPCやモバイル端末で確認するなど、本製品の機能を活用することで、更にオフィスのペーパーレス化を推進することが出来ます。また、本体は電源ONから25秒以下で起動するため、省エネ対応で電源を落としていてもすばやく起動します。

 

素早く綺麗なカラー印刷

最新コントローラーの採用により1,200dpiの高画質印字に対応。小さい文字や細い線はくっきり明瞭に、素材の質感や繊細な色のトーンもなめらかに再現します。また、操作パネルからコントラストやシャープネスの調整ができ、好みに合わせた画質に近づけた印刷が可能です。

TASKalfa 352ciの連続印刷速度は、モノクロ・フルカラー共に35ページ/分と快速。また、スタートボタンを押してから1枚目がコピーされるまでの時間は、モノクロ7.5秒、カラー8.5秒、プリントの場合はモノクロ6秒、カラー7.5秒で、1枚でもすばやく印刷できます。(※A4ヨコ)

設置場所を問わないコンパクト設計

店舗や受付などの小型空間にも置きやすい、設置面390mm×577mmのコンパクト設計。専用キャビネットとの組み合わせにより、用紙などの消耗品をすっきり納められます。静音モードにも対応しているので、デスクサイド設置時も駆動音を気にせず利用できます。

誰でも使いやすい大型パネル

見やすく、直観的に操作できる大型パネルで快適な使い心地。操作部には、小型タブレットの画面サイズとほぼ同じ大きさの、7インチタッチパネルを搭載。分かりやすいアイコンとテキストの表示で、迷わず操作を進めていくことができます。スマートフォンやタブレットを使うような感覚で、指先で簡単に画面を操作できます。画面切り替えはスワイプ操作に対応しています。ファクスやスキャンの宛先選択も簡単です。操作パネルの右側に、リセット・ストップ・スタートのボタンを、黄・オレンジ・青緑の3色で配置。操作部右下には3つのLEDランプを配置し、ファクス受信、メモリー処理中、エラー発生などを光でお知らせします。

生産効率アップ

複数の部署やグループで複合機をシェアしている場合、部門管理機能を使うと、コピー、プリント、スキャン、ファクスの利用枚数が部門ごとに自動集計され、レポートとして印刷できます。部門ごとにコピーやプリントの上限枚数を設定したり、ファクスを利用できなくするなど、機能の利用許可や禁止を設定することも可能。印刷の使い過ぎや、不要な機能利用を抑えることができ、管理業務の効率化に役立ちます。(参照元:京セラ)

 

その他にも、不正プリント対策やセキュリティもしっかりしており、情報流出を抑制する効果が期待できます!

複合機・コピー機の導入ならACNへ>>

記事の一覧に戻る

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る