コピー機・複合機 > ACNのコピー機ブログ

ACNのコピー機ブログ

裏紙を使うとコピー機の寿命が短くなる…?

コピー機を使う際、コピー用紙節約のために、裏紙を使って印刷する事があると思います。ですが、この裏紙を使ったコピーは、コピー機に負担をかける可能性があることをご存知でしょうか。 今回は裏紙を使用した場合のデメリットについて …

続きを読む >>

コピー機で印刷した用紙の綴じ方②

「書類の綴じ方」 書類の綴じ方にもマナーがあります。横書きの書類の場合は「左上」から読み始めて「右下」で読み終わります。そして、読み終えた側(右側)をつまんでページをめくります。ですので、横書きの書類は左上を留めることが …

続きを読む >>

コピー機で印刷した用紙の綴じ方①

「中綴じ/針金綴じ」 例えばページの原稿を、2枚のコピー用紙の表裏、計4面にそれぞれ2ページずつ並べてコピーし、コピー用紙を2枚重ねて2つ折りにすれば本のようにコピーする場合、二つ折りにした本文を針金で表紙ごとホチキスの …

続きを読む >>

コピー機のスポット契約とは?

スポット契約とは、コピー・複合機の修理や調整が必要になった時、その都度サービスマンを要請する保守形態です。 トナーや保守料金を含んだ「カウンター方式」や「キット方式」とは違い、感光体やトナーを前もって購入しなければなりま …

続きを読む >>

レンタルとリースの違い

コピー機の導入でも使われる「リース」と「レンタル」という言葉。これらは、「借りる」という意味ではどちらも同じですが、実は内容が全く違います。ここでは何が違うのかを詳しくご紹介します。 【リース契約とは】 企業などが選択し …

続きを読む >>

コピー機の紙詰まりが自分で直せない!?

コピー機や複合機の紙詰まりを自分で直そうとした時に、ご自身で直す事が困難なケースもあります。 コピー機・複合機の紙詰まりを直すといっても、紙が詰まってしまったものを無理に抜き取ると他のパーツを壊してしまう原因になりかねま …

続きを読む >>

コピー機用語を覚えよう「フィニッシャー」

「フィニッシャー」 ちょっと耳に馴染みがないかもしれませんがフィニッシャーについてご紹介します。 ホチキス留めや紙折り、穴あけパンチなど、プリント出力と連携して行うと便利な作業があります。この印刷の後処理を行ってくれるの …

続きを読む >>

コピー機用語を覚えよう「ドキュメントボックス」

「ドキュメントボックス(ユーザーボックス)」 コピー機でスキャナーやFAX機能で読み取りした原稿データを、コピー機本体の内蔵ハードディスク等に保存することで再度使用ができる機能です。 日報など定期的に必要になる雛型データ …

続きを読む >>

コピー機用語を覚えよう「TWAIN(トゥウェイン)」

「TWAIN(トゥウェイン)」 イメージスキャナーやデジタルカメラなどの画像入力装置用のインターフェース規格の1つです。また、それを実現するためのAPIを定めています。 イメージスキャナーなどの入力装置にTWAINを使っ …

続きを読む >>

コピー機用語を覚えよう「スーパーG3」

「スーパーG3」 電話回線を使って文書や画像を送受信するファクシミリ(ファクス)の規格で、ITU-TS という団体によって標準化された国際規格です。 まず G3 FAX はアナログ回線に対応したもので、基本規格では A4 …

続きを読む >>

ページトップ

▲ ページの先頭へ戻る