コピー機・複合機 > コピー機・複合機あれこれ > リースのメリット

リースのメリット

コピー機・複合機を導入するときに最も多いのが「リース契約」です。
レンタルとの違いも含めリース契約のメリットをご紹介!

そもそもリースって何?
  • 「リース」とは、企業などが選択した機械設備等(コピー機・複合機など)を、リース会社が購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引です。
    コピー機・複合機を導入時に一番多い契約方法である「リース」とはどういうモノなのかをご紹介します。
  • 詳しい内容はこちら >>
リースとレンタルの違いは?
  • 「リース」と「レンタル」は、どちらも「借りる」という意味では同様ですが、実は内容が全く違います。
    ここではいったい何が違うのかを詳しくご紹介します。
  • 詳しい内容はこちら >>
リースのメリット・デメリットは?
  • コピー機・複合機を導入する際にリース契約にする一番のメリットは、一度に多額の購入資金が不要で月々一定のお支払いだけで済むところですが、 他にも色々なメリットがありますので、デメリットも含めてご紹介します。
  • 詳しい内容はこちら >>
リースの上手な活用方法って?
  • コピー機・複合機の導入にあたってリース契約を選ばれる方がほとんどですが、多くの方が意外とご存じではないのが、「リースはお入れ替えが可能」ということ。
    途中解約が出来ないからといって、不満を持ちながら使い続ける必要はありません。
    リースを組み替えて新しい機種・新しいプランで便利にお得にコピー機・複合機を利用しましょう。
  • 詳しい内容はこちら >>
万が一の時も動産総合保険で補償
  • リース物件には、偶発的な損害を補償するために動産総合保険が付保しています。
    動産総合保険は、日本国内で発生する偶然の事故(火災・落雷・盗難など)によって生じるほとんどすべての損害が補償されます。
  • 詳しい内容はこちら >>

▲ ページの先頭へ戻る