コピー機・複合機 > コピー機・複合機あれこれ > コピー機・複合機の便利な使い方 > クラウド・モバイル連携

クラウドサービス連携機能

最近よく聞く「クラウドサービス」とコピー機・複合機が連携できるようになりました。
実際にどんなことができる様になったのか、詳しくご紹介致します。

クラウドサービスとは

「クラウド」とは「クラウドコンピューティング」の略称です。
簡単にいうと、データを自分のパソコンや携帯端末などではなく、インターネット上に保存するサービスのことです。
自宅、会社、ネットカフェ、学校、図書館、外出先など、さまざまな環境のパソコンや携帯電話(主にスマートフォン)からでもデータを閲覧、編集、アップロードすることができます。
人とデータを共有するグループウェアのような使い方もあります。

社内でネットワーク環境を構築して、一からシステムを作り上げるより、クラウドサービスを活用した方がコスト面で有利になることが多いためクラウド化が増えています。
また、今までは「基幹業務に関わること」「セキュリティー上重要なデータ」などは社内サーバーで管理運用するのが当然で、外部に任せるなんてもってのほか、という風潮がありましたが、サービス品質やセキュリティー技術の向上などによってこうした考えが徐々に薄れてきたことも増加の要因になっています。
そのため、今後クラウドサービスは導入するのが当然の時代になると考えられています。

コピー機・複合機でできる連携機能

最新の複合機ならPCが不要でタッチパネルから直接クラウドサービスへログイン。
スキャンやプリントも直接操作で手軽に行えます。

STEP.1 クラウドサービスへスキャンデータ保存

複合機から簡単スキャンして、そのままEvernote・Googleドライブへアップロードすることが可能です。

STEP.2 PC、モバイル端末などでの検索・閲覧も可能!

スキャンされた文書はEvernote・Googleドライブを通じてお使いのPCや携帯デバイスから検索・閲覧できるようになります。

STEP.3 クラウドサービス上に保存しているデータを複合機から直接印刷

クラウド上のデータを複合機から直接印刷(対応ファイル:PDF、JPEG、TIFF)することができます。
PCを立ち上げ、アプリケーションを起動、そしてファイルを開いて印刷する、といった煩わしい作業が不要で、スマートにクラウド上のデータを印刷できます。

複合機・クラウド連携で更なる業務改善!

デジタルデータ化でペーパーレス
簡単管理を実現!

書類や資料をデジタルデータ化して保存します。
管理が簡単便利でペーパーレスを実現!

商談のプレゼン等にも便利!

商談などで、手軽に視覚的なプレゼンも可能です。

どこからでも保存したデータの閲覧が可能

わざわざUSBメモリ等に別途ファイルを入れて持ち歩く必要がなくなり、外出先でもデータの閲覧が可能です。

コピー機を長くご使用中ならおトクな入れ替え方法がございます
詳しくはコチラ>>

▲ ページの先頭へ戻る