コピー機・複合機 > コピー機・複合機あれこれ > コピー機・複合機の便利な使い方 > コピー機能

コピー機能

意外と知られてない?コピー機能の活用方法をご紹介。

コピー(印刷時)の便利機能をご紹介

コピーの方法はとても簡単、原紙を読み取り面において、スタートボタンを押せば終了です。
複合機を単なるコピー機としてしか利用していない企業様もたくさんいらっしゃいます。
スキャナーやFAXなど転送機能を駆使することで、業務効率を改善できることがあるかもしれません。
ここでは意外と知られていないコピー(印刷時)の便利な機能をまとめてみましたのでお役立て下さい!

※設定方法は各メーカー、機種により異なります

カスタムイメージ

ユーザーが用意したイメージ画像を複合機に取り込み、原稿と合成して印字する機能です。
なお、イメージ画像は、あらかじめプリンタードライバーから複合機本体HDDに登録する必要があります。
主に社名やコーポレートロゴなどを対象に利用することが多く、例えば、用紙に会社のロゴを入れる作業が省けます。
サイズの変更や配置をコピー機本体側で操作することで、任意の場所でコピーすることができます。

ブックレット印刷

本やパンフレットなどの見開き原稿をコピーする際、見開きの2ページ毎に原稿台に載せ読み取れば、できあがったコピーを2つ折りにすると中とじの冊子になるようにコピー出来る機能です。
更にこの機能は本の傾きを自動補正し、見開きページの中スジなどスキャン時にできる影の部分も除去してくれるので、インクのムダ使いも減らせます。
パンフレットのように見栄えよく製本して仕上げる時に便利です。

ポスター印刷(拡大連写)

ポスター印刷は「ポスターの製作費用を削減したい!!」「社内の営業実績表を大きなサイズできれいに作りたい!!」ときに使用する機能です。
1ページのプリントデータを拡大して、複数枚の用紙(4枚/2×2、9枚/3×3、16枚/4×4)に分割してプリントすることができ、自前で簡単に大判ポスターが作れます。
グラフや図などのデータも簡単に大判の資料を作成でき、作業にかかる時間と手間を大幅に削減しながら、よりきれいで見やすい実績表などを作ることができます。

ジョブスキップ機能

割り込み機能とは、予約中またはプリント中のジョブに割り込んでコピーをとることができる機能です。
長時間かかる大量のプリント中に、急ぎのコピーを数枚とりたい時などに使用します。
また、エラーが出た時はそのジョブを自動的に後回しにし、印刷ジョブの滞留をなくします。

枠消し機能

枠消し(枠消去)とは、多くの枚数を束ねてある厚手の原稿や、本などの見開きをコピーした際に、周囲やセンターにできてしまう影を消してきれいにコピーすることができる機能です。

コピー機を長くご使用中ならおトクな入れ替え方法がございます
詳しくはコチラ>>

▲ ページの先頭へ戻る